tel. 03-3432-3232
MENU

慢性腎臓病(CKD)

尿検査や血液検査で腎臓の状態を把握します。
今ある腎機能を維持し、悪化させないための食事指導や各種の治療を行っていきます。

慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)とは

慢性腎臓病は、「尿の異常」もしくは「腎臓の機能が低下している状態」が3か月以上持続していることと定義されています。
尿の異常とは、主に、尿検査で蛋白尿が検出されることをいいます。 腎臓の機能は、採血でCr(クレアチニン)を測定することでわかり、Cr・年齢・性別によって計算された「eGFR」がより正確な腎機能を表します。腎機能の低下している状態とは、eGFRが60未満であることをいいます。

慢性腎臓病は、今後、腎機能が徐々に低下していき、将来的に腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎移植)が必要になる大きなリスクとなります。
また、慢性腎臓病は、腎機能が低下するリスクのみならず、動脈硬化を通常より早く進展させ、心臓病(狭心症や心筋梗塞)および脳卒中(脳梗塞や脳出血)を発症するリスクにもなります。

現在、日本では、1,330万人の方が慢性腎臓病と推計されており、これは、成人人口の1/8にあたります。また、わが国での透析を行っている患者さんの数は約34万人と徐々に増加傾向にあり、年間約4万人の方が新たに透析を開始せざるを得ない状況になっています。
慢性腎臓病にもいろいろな種類がありますが、確実に進行を止める治療がないのが現状です。
少しでも早めに発見し、腎機能をできる限り維持していくことが重要になります。

主な慢性腎臓病の原因

1.慢性(糸球体)腎炎
原因が不明で、徐々に腎機能が低下していく病気です。若年者に多いといわれてきましたが、中高年で発症する例も多くなっています。代表的な疾患に「IgA腎症」があります。
基本的に無症状であり、尿検査で、蛋白尿・血尿が発見されることで初めて疑われます。
最終診断には、腎生検という腎臓の組織検査が必要です。
以前は、治癒させることが困難な病気でしたが、早期発見やステロイド薬などによる治療で、治癒させることもできるようになってきています。
2.糖尿病性腎臓病
(DKD:Diabetic Kidney Disease)
糖尿病で、血糖コントロールが不良な状態が長く続くとさまざまな合併症を引き起こしますが、その1つに腎臓の合併症があります。以前は、糖尿病性腎症と呼ばれていましたが、最近では、糖尿病性腎臓病(DKD)と呼ばれるようになりました。
早期であれば進行を抑えることができますが、ある程度進行すると、病気の勢いを止めることができません。できるだけ早期に、血糖コントロールを適正化することが大切です。
3.腎硬化症
主として加齢や高血圧の持続などで、全身の動脈硬化が進展し、特に腎臓を栄養している血管が動脈硬化を起こし、血流が十分にまかなえず、腎機能が徐々に低下していく病態です。
社会全体の高齢化に伴い、腎硬化症の患者さんの数が増えています。
少しでも早く、健康診断などで腎臓の現状を把握し、腎機能を維持する治療を行うことが大切です。
4.その他
多発性嚢胞腎(遺伝的な病気)、自己免疫疾患による腎障害などがあります。

慢性腎臓病の治療

食事療法
1.食事療法

現在の腎機能の状態に合わせ、腎臓に負担のない食事を心掛けることが大切です。
3大栄養素のうち、糖質(炭水化物)と脂質は水と二酸化炭素に分解され「カス」が残りませんが、たんぱく質は分解される過程で「カス」が残り、それが腎臓で排泄されるため、摂取量が多いと腎臓の負担になります。また、食塩の過剰摂取は、高血圧を介して、または直接、腎機能の悪化と関連します。現在の腎機能に合わせた、たんぱく制限と食塩制限が重要です。

薬物療法
2.薬物療法

進行した慢性腎臓病を治癒させる方法はまだありませんが、腎臓への負担を軽くして、腎機能を維持していく方法はあります。 血圧のコントロールを中心として、脂質異常症・高尿酸血症の治療、カリウムやリンのコントロール、ビタミンDの補充、尿毒素の吸着薬、腎性貧血治療薬など、個々の状態に応じて、適切な治療を行っていきます。

慢性腎臓病以外の腎疾患(代表的なもの)

1.ネフローゼ症候群
大量の蛋白尿がでて、それに伴い、全身にむくみ(浮腫)をきたす疾患です。
多くは、数週間~数か月の比較的急な経過で発症します。まず、尿検査と血液検査を行うことにより、ネフローゼ症候群の診断は確定します。
ネフローゼ症候群は、そのタイプによって治療が異なるため、腎生検という組織診断が必須です。多くの場合は入院治療が必要となります。
2.急性腎障害
(AKI:Acute Kidney Injury)
さまざまな原因により、急激に腎機能が低下する病態をいいます。
脱水・低血圧などによる腎血流の低下、薬剤などによる腎障害、急速進行性糸球体腎炎、膀胱や前立腺の異常に伴う腎後性腎障害などがあげられます。
原因によって治療が異なるため、まず、原因を確かめ、それぞれの病態に合った治療を行います。