tel. 03-3432-3232
MENU

慢性腎臓病(CKD)

尿検査や血液検査で腎臓の状態を把握します。
今ある腎機能を維持し、悪化させないための食事指導や各種の治療を行っていきます。

慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)とは

慢性腎臓病は、「尿の異常」もしくは「腎臓の機能が低下している状態」が3か月以上持続していることと定義されています。
尿の異常とは、主に、尿検査で蛋白尿が検出されることをいいます。 腎臓の機能は、採血でCr(クレアチニン)を測定することでわかり、Cr・年齢・性別によって計算された「eGFR」がより正確な腎機能を表します。腎機能の低下している状態とは、eGFRが60未満であることをいいます。

慢性腎臓病は、今後、腎機能が徐々に低下していき、将来的に腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎移植)が必要になる大きなリスクとなります。
また、慢性腎臓病は、腎機能が低下するリスクのみならず、動脈硬化を通常より早く進展させ、心臓病(狭心症や心筋梗塞)および脳卒中(脳梗塞や脳出血)を発症するリスクにもなります。

現在、日本では、1,330万人の方が慢性腎臓病と推計されており、これは、成人人口の1/8にあたります。また、わが国での透析を行っている患者さんの数は約34万人と徐々に増加傾向にあり、年間約4万人の方が新たに透析を開始せざるを得ない状況になっています。
慢性腎臓病にもいろいろな種類がありますが、確実に進行を止める治療がないのが現状です。
少しでも早めに発見し、腎機能をできる限り維持していくことが重要になります。

健康診断でよく指摘される腎臓の異常について

Cr(クレアチニン)が高い、またはeGFR(推算糸球体ろ過量)が低い

Crは血液検査でわかる一般的な腎機能の指標です。eGFRは、Cr、年齢、性別によって計算された腎機能のより正確な指標です。
Crは、もともと筋肉の中にある物質で、筋肉が新陳代謝により一部壊れると血液の中にでてきて、それが腎臓から捨てられます。Crが高い=Crが腎臓から捨てられていないことを意味し、腎臓の機能が低下している証拠となります。
正常値は男女で異なり(おおまかに、男性≦1.05、女性≦0.80)、これは、筋肉量が男性で多く、女性で少ないでことに起因しています。

ただし、Crは筋肉量の多い人だと腎機能が悪くないのに高めにでることもあり、また、甲状腺機能低下症などの疾患、個人差などにより高めに出ることもあります。
このような場合は、血液検査で、シスタチンCという指標を測ります。シスタチンCは体の細胞内に含まれる物質ですが、Crよりも正確に腎機能を表すことが知られています。健診などでCrが高めで心配な方は、シスタチンCの測定なども行い、正確に腎機能を把握し、その結果を詳しく説明いたします。

尿蛋白がある

尿蛋白は、Crが高くなる(腎機能が悪化する)よりもずっと前に、腎障害の有無がわかる大切な指標です。しかし、尿蛋白陽性が必ずしも、腎機能悪化につながるわけではありません。尿蛋白は、問題のないものと、腎臓の異常を疑わせるものに分かれます。例えば、体が脱水で尿が濃い場合、尿蛋白が±~1+になることもあります。その他、ストレス、運動後などに尿蛋白が検出されることもあります。一方、腎臓の中でろ過をするために重要な働きをしている糸球体が壊れかかっている場合―慢性腎炎・腎硬化症・糖尿病性腎臓病などーでは、本来漏れてはいけない蛋白が尿中に漏れてきます。

尿蛋白が検出された場合は、必ず再検査を行いますが、その場合は、定量または半定量という、より詳しく数字で確認する必要があります。必要によっては、24時間蓄尿検査などで、より正確な評価をする必要があります。当院では、院内の機器を使ってより正確な尿蛋白の判定ができ、また、24時間蓄尿検査も行っています。
尿蛋白が心配な方は、是非、ご相談ください。

尿潜血がある

尿潜血は、尿に血液(特に赤血球)が混じっている状態です。
大きく分けると、内科的なものー慢性腎炎など、泌尿器科的なものー結石・腫瘍・炎症など、原因不明なものに分けられます。
年齢、性別、血尿の期間、腫瘍の危険因子の有無などで、次に、何を調べるかが異なります。

内科的なもの

→特に蛋白尿を伴った血尿は、慢性腎炎が強く疑われますが、慢性腎炎の初期では血尿のみの場合も数多くあります。特に、慢性腎炎の代表であるIgA腎症は、血尿が必発なので、これを鑑別していかなければなりません。尿沈渣という、詳しい尿検査や各種の採血などできちんと調べ、最終的にIgA腎症が強く疑われた場合は、腎生検という組織検査が必要になります。この場合は、信頼がおける腎臓専門の病院にご紹介します。

泌尿器科的なもの

→尿路感染(膀胱炎など)や腎・尿路結石の有無、腎臓~膀胱の腫瘍の有無をチェックします。尿沈渣、尿培養、尿細胞診などを適宜行い、また、超音波検査またはCT検査などの画像チェックを行います。特に、腫瘍が疑われた場合は、泌尿器科の専門病院をご紹介し、更に検査をすすめていく必要があります。

上記の検査を行っても原因不明である血尿も少なくありません。
この場合は、3-4か月に1回くらいの頻度で、定期的に経過をみさせていただきます。

主な慢性腎臓病の原因

1.慢性(糸球体)腎炎
原因が不明で、徐々に腎機能が低下していく病気です。若年者に多いといわれてきましたが、中高年で発症する例も多くなっています。代表的な疾患に「IgA腎症」があります。
基本的に無症状であり、尿検査で、蛋白尿・血尿が発見されることで初めて疑われます。
最終診断には、腎生検という腎臓の組織検査が必要です。
以前は、治癒させることが困難な病気でしたが、早期発見やステロイド薬などによる治療で、治癒させることもできるようになってきています。
2.糖尿病性腎臓病
(DKD:Diabetic Kidney Disease)
糖尿病で、血糖コントロールが不良な状態が長く続くとさまざまな合併症を引き起こしますが、その1つに腎臓の合併症があります。以前は、糖尿病性腎症と呼ばれていましたが、最近では、糖尿病性腎臓病(DKD)と呼ばれるようになりました。
早期であれば進行を抑えることができますが、ある程度進行すると、病気の勢いを止めることができません。できるだけ早期に、血糖コントロールを適正化することが大切です。
3.腎硬化症
主として加齢や高血圧の持続などで、全身の動脈硬化が進展し、特に腎臓を栄養している血管が動脈硬化を起こし、血流が十分にまかなえず、腎機能が徐々に低下していく病態です。
社会全体の高齢化に伴い、腎硬化症の患者さんの数が増えています。
少しでも早く、健康診断などで腎臓の現状を把握し、腎機能を維持する治療を行うことが大切です。
4.その他
多発性嚢胞腎(遺伝的な病気)、自己免疫疾患による腎障害などがあります。

慢性腎臓病の治療

食事療法
1.食事療法

現在の腎機能の状態に合わせ、腎臓に負担のない食事を心掛けることが大切です。
3大栄養素のうち、糖質(炭水化物)と脂質は水と二酸化炭素に分解され「カス」が残りませんが、たんぱく質は分解される過程で「カス」が残り、それが腎臓で排泄されるため、摂取量が多いと腎臓の負担になります。また、食塩の過剰摂取は、高血圧を介して、または直接、腎機能の悪化と関連します。現在の腎機能に合わせた、たんぱく制限と食塩制限が重要です。

薬物療法
2.薬物療法

進行した慢性腎臓病を治癒させる方法はまだありませんが、腎臓への負担を軽くして、腎機能を維持していく方法はあります。 血圧のコントロールを中心として、脂質異常症・高尿酸血症の治療、カリウムやリンのコントロール、ビタミンDの補充、尿毒素の吸着薬、腎性貧血治療薬など、個々の状態に応じて、適切な治療を行っていきます。

慢性腎臓病以外の腎疾患(代表的なもの)

1.ネフローゼ症候群
大量の蛋白尿がでて、それに伴い、全身にむくみ(浮腫)をきたす疾患です。
多くは、数週間~数か月の比較的急な経過で発症します。まず、尿検査と血液検査を行うことにより、ネフローゼ症候群の診断は確定します。
ネフローゼ症候群は、そのタイプによって治療が異なるため、腎生検という組織診断が必須です。多くの場合は入院治療が必要となります。
2.急性腎障害
(AKI:Acute Kidney Injury)
さまざまな原因により、急激に腎機能が低下する病態をいいます。
脱水・低血圧などによる腎血流の低下、薬剤などによる腎障害、急速進行性糸球体腎炎、膀胱や前立腺の異常に伴う腎後性腎障害などがあげられます。
原因によって治療が異なるため、まず、原因を確かめ、それぞれの病態に合った治療を行います。