tel. 03-3432-3232
MENU

自費診療(保険外診療)

自費診療(保険外診療)

新型コロナウイルス唾液PCR検査(無症状の方のみ)

費用

検査実施料 33,000円(税込)
証明書発行料 2,200円(税込)
(証明書のみの発行は承っておりません。)

詳細は、電話でご相談ください。

抗体検査

下記の抗体が体の中にあるかどうかを調べることができます。
ご要望の方は、直接、お電話にてお問い合わせください。

項目 費用(税込) 備考
麻疹(はしか) EIA 4,400円
風疹 EIA 4,400円 ※公費助成制度あり
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) EIA 4,400円
水痘(みずぼうそう) EIA 4,400円
B型肝炎 (HBs抗体) 5,500円

抗体検査の公費助成制度

【風疹】

①港区民19歳以上の方で妊娠を希望されている女性とそのご家族など

詳細は下記の港区ホームページをご確認ください。

風疹の抗体検査ついてはこちら

当院は港区風しん対策(抗体検査・予防接種)事業医療機関に認定されております。

②39歳~56歳男性で、自治体からクーポンを送付された方(全国 第5期)

詳細は下記の厚労省ホームページをご確認ください。

風疹の抗体検査ついてはこちら

当院は風疹抗体検査・風疹第5期定期接種受託医療機関に認定されております。

ビタミン注射

下記のようなビタミン注射を行っております。
ご希望の方は、お電話でお問い合わせください。

項目 費用(税込) 備考
ビタミンB1注射(ニンニク注射) 1,650円 慢性疲労・倦怠感がある方
ビタミンB1+ビタミンC注射 2,200円 慢性疲労・倦怠感がある方
肌荒れ・ニキビ・日焼け・色素沈着が気になる方

プラセンタ治療

ヒトの胎盤から抽出、滅菌・不活化、精製された成分を注射として用います(細菌・ウィルス等の検査で陰性だった健康なヒトの胎盤のみを使用)。
厚生労働省から医薬品として認可されており、①更年期障害や②慢性肝機能障害など、保険診療が適応されるものもあります。

【保険診療の場合】

①更年期障害:メルスモン

  • 適応:45~59歳の女性で、更年期障害と医師から診断された方
  • 用法:1 A(2 ml)/回 頻度:連日~1回 /週 方法:皮下注射
  • 事前検査:問診、血液検査などで更年期障害の検査をします。
  • 費用(3割負担):1回の受診で、再診料+皮下注射 ≒ 500円

②肝機能障害:ラエンネック

  • 適応:慢性肝炎、肝硬変
  • 用法:1A(2ml)/回 頻度:2回 /日~1回 /週など 方法:皮下または筋肉注射
  • 事前検査:問診、血液検査などで肝機能障害を検査します。
  • 費用(3割負担):1回の受診で、再診料+皮下注射 ≒ 500円

【自費診療の場合】

美容効果(美肌・保湿など)、疲労回復、血行促進、男性更年期障害改善など:ラエンネックまたはメルスモン

  • 用法:1~2 A(2 ml)/回 皮下または筋肉注射
  • 事前検査:問診など
  • 費用:1 A (2 ml) /回 1,650円、2 A (4 ml) /回 2,200円
    接種回数や頻度は医師とご相談ください。

※注意事項※
副作用として、上記2種類とも注射部位の疼痛やショックが起こることがあります。
また注射を開始すると、以降、日赤による献血はできませんのでご注意ください。
初回時、医師からの説明の上、同意書に署名捺印を頂きます。

AGAの治療

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
これは、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことで、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていくことをいいます。

AGAには、男性ホルモンであるテストステロンから生成される、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが関与しています。このDHTの生成には5α還元酵素(1型、2型)が作用しています。
フィナステリドは2型5-α還元酵素を阻害して、テストステロンがDHTに転換されるのを抑制し、薄毛を抑制することができます。

当院では、下記の内服薬を処方いたします。
ご希望の方は、電話でお問い合わせください。

項目 費用(税込)
フィナステリド 1㎎ 28錠/1箱
(プロペシアのジェネリック薬)
5,500円